2017年9月14日木曜日

音声アシスタントが人類にもたらす「悪夢のような未来」

音声アシスタントが人類にもたらす「悪夢のような未来」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン):

 今回は最近ホットな音声アシスタントについて、Kevin Murnane氏の記事を元に考えてみようと思います。音声アシスタントといえば今アツい人工知能(AI)の応用の一つで、人とコンピューターとのインタフェース(マンマシンインタフェース:MMI)の主役をディスプレイとキーボード(あるいはタッチパネル)から奪おうという大きなうねりの中にあります。

 元記事の中でMurnane氏は、AmazonとMicrosoftが両社の音声アシスタン「Alexa」と「Cortana」が年内に相互連携して使えるようにすると発表したと書かれています。AmazonはMIcrosoftだけでなくAppleやGoogleなど他の音声アシスタントとの連携もウェルカムのようですが、Appleはここでも自前主義で同社の「Siri」を他社製品と連携させる考えはないようです。Googleは他社との連携は行なうようですが、ソニーやパナソニック、オンキョー等のBluetoothスピーカーに対し一方的に「Google Assistant」を提供する方針のようです。

 音声アシスタントは素晴らしい技術なのですが、ニュースメディア「Wired」でこの技術がもたらす悪夢のような未来像が描かれています。あなたが仕事で疲れてようやく帰宅すると、AlexaのスピーカーがAmazon Primeで始まった新しいTV番組について話し始めます。さらに、冷蔵庫のミルクが残り少なくなったので、ホールフーズで買うように呼びかけてきます。あなたは面倒そうにわかったわかったと独り言を言いますが、その横からGoogle Assistantが注目ニュース20本の読み上げを行ない、洗濯物が仕上がっていることを報告した後、ついでにYouTubeの人気動画を見せようとしてきます。うるさいうるさいと独り言を言いながらパソコンを開くと、Cortanaがまた同じ情報を一から教えようとしてきます。

 さすがに「Wired」の仮想未来はちょっと極端かもしれません。AlexaとGoogle AssistantやCortanaが連携するからといって、同じ情報を何度もなんども知らせてくるということはさすがにないのではないかと思います。しかし、ここ最近のテック業界大手の「ユーザーの時間を奪う」ことへの必死さを皮肉を込めて表しているとも言えるでしょう。いい例がスマホのプッシュ通信です。本来はメールや来ていないかなと何度もなんどもスマホをチェックしなくて済むよう実装されたプッシュ通信機能ですが、いまや各アプリがオレを見ろオレを見ろと言わんばかりにこぞって通知してきます。音声アシスタントも同じことをやろうとするのは、自然な流れなのです。

 Murnane氏は音声アシスタントが一致団結して私たちの時間を奪おう奪おうと話しかけてくる未来を、旧約聖書に描かれた「バベルの塔」の逸話を思い出させると言われています。「バベルの塔」というのは、ノアの大洪水ののち同じ言葉を話すノアの子孫らが力を合わせて天に届くほどの高い塔を作ろうとしますが、人々の傲慢さに怒った神が、言語を混乱させ人々を各地に散らして塔の完成を妨げたというお話です。音声アシスタントたちが協力し合って人の時間を奪う様子が、ノアの子孫たちが力を合わせて神の領域を犯そうとする姿に重なるということでしょうか。しかし、この「バベルの塔」というご指摘は自分もちょっとハッと思い当たることがあります。

 それは、「相互運用性」とか「インターオペラビリティ」というのが行きすぎた世界が本当に便利なものなのかという疑問です。自分は、ある分野におけるIoTの通信プロトコルを標準化してメーカー間の「相互運用性」とか「インターオペラビリティ」を高めようという活動に参画しています。機械同士が共通の言葉でやり取りするようにすれば、異なるメーカー間の機械がお互いに連携してイイことあるよねということなのですが、果たして本当にイイことがあるのか、という問題なのです。

 Murnane氏のご指摘によれば、機械同士が一致団結して機能やサービスを提供するのは、行きすぎると人間の怒りに触れるかもしれないということを示唆しているように感じます。例えば、スマートホームのようにテレビや冷蔵庫や給湯器などが互いに連携して便利な生活を提供するのもイイですが、それが行きすぎて至れり尽くせりの生活は果たして本当に我々が望んでいる未来なのかと言われると、うーんと唸ってしまいませんか。冷蔵庫が賞味期限の近い食品の情報をテレビに連携して、テレビにはその食品を使ったオススメレシピが表示される、人間はそのレシピに従って料理するだけで、冷蔵庫の食品が減ってくるとAmazonに自動的に注文が出されて人間は荷物を受け取るだけ。そんな生活。便利には便利に違いありませんが、なんだか機械に主体性を奪われたような気になってしまいます。ここにも「不気味の谷」があるのかもしれません。何ごとも「ほどほど」、便利さも「ほどほど」がイイのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿