2018年3月30日金曜日

「以上で」で確定できるAlexa居酒屋

Alexa居酒屋、実証実験開始 音声で注文受付 「以上で」で確定 - ITmedia NEWS:

 年度替わりのこの季節、歓送迎会などが多いと思いますが、今回はスマートスピーカーを使った注文ができる居酒屋ができたというニュース記事を取り上げようと思います。元記事は、ITmediaの太田智美氏の記事です。

 回転寿司屋や居酒屋などでも最近はタッチパネル式の注文端末があって、そこから注文を受け付けるというお店をよく見かけます。これを音声で注文できるようになれば、お客さんの操作手間が省けて人間の店員さんがオーダーを取るのとほとんど同じサービスが提供できることが期待できます。元記事では、飲食店を運営するロイヤルダイニングとアプリ開発を行うヘッドウォータースが、スマートスピーカー(Amazon Echo Dot)で居酒屋のオーダー取りを行なう実証実験を始めたのだそうです(↓)。


 例えば、お客さんが「Alexa、飲み物メニューを開いて」と話しかけると、「はい、飲み物の種類と個数を教えてください」応答。「ロックの1番」と伝えると、「ご注文は、黒七夕芋のロックを1杯です。注文を確定する場合は『以上で』とお伝えください。次のご注文をどうぞ」などと応答するのだそうです。注文は厨房にチャットで通知されます。

 純粋に従来のタッチパネル操作の代わりに音声で操作できます、というレベルなので、人間の店員さんのように臨機応変な対応まではできなさそうです。例えば、「とりあえず生(なま)を人数分」みたいな注文では解釈できないでしょう。しかし、自分が何より素晴らしいと思ったのは、「以上で」という言葉で注文を確定できることです。以前に日本でスマートスピーカーをブレイクさせるには自然な合言葉が必要だという趣旨の記事を書きましたが、「以上で」はまさにぴったりだと思います。個人的には、最初の「Alexa」という呼びかけももう少し工夫できればなあと思いますが。「あのーすみません」とか「注文いいですか」とか。もちろん居酒屋さんですから、お客さんの会話の中で使われるような言葉で反応しないよう非日常的な「Alexa」という呼びかけなのでしょうが、それでも自然に口にできる言葉のチョイスにセンスが欲しいところです。

 ちょっと可愛いのは、Alexaの「店員さんを呼ぶ」を起動すると、Alexaが「店員さぁーん、店員さぁぁーん!」と大声で店員さんを呼んでくれるのだそうです。そういう意味では、Alexaは店員さんの代わりというより幹事さんの代わりという位置づけかもしれませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿