2018年3月27日火曜日

○○にしか見えなくなる呪い

○○にしか見えなくなる呪いをかけます!可愛いものを台無しにする爆笑の空目 7選 | 笑うメディア クレイジー:

 今回またしても元記事は笑うメディクレイジーですが、「○○にしか見えなくなる呪い」というテーマ。元記事のリンク先だけでなく、こちらも同じテーマだったので、2つの記事の中から自分なりにコレはというものを厳選してみました。

 最初はこちら。有名な某フライドチキン屋さんのキャラクターですが、ネクタイというよりも一度身体に見えてしまうとそれが脳裏から離れなくなってしまいます。

 次はコレ。この飲み物のタイトルが「一人称」に見えてしまうと、もうそうとしか読めなくなってしまいます。

 次はこちら。単なるパンダの絵に見えているうちはまだまだ。吹き出しでセリフを与えてみると、あーら不思議。笑顔で罵り合う二人を仲裁する人に早変わり。でも、そう見えてしまうのは、余程疲れているのかも。

 そして、こちら(↓)。あのディズニー映画のキャラクターですが、一度タレントの柳沢慎吾さんと蛭子能収さんに見えてしまうと、もうそうとしか見えなくなってしまいます。

 次はコレ(↓)。単なるサッカーの試合ですが、一度顔文字に見えてしまうと、もう点数に見えなくなってしまいませんか。

 最後はちょっと変則技で、本来のものを上下逆さまにした場合(↓)。もともと男性なのですが、頭のさみしい感じの男性が息を吐いている姿に早変わり。。

 今回は軽めのネタでしたが、一度そう見えてしまうともう他に見えなくなってしまう、というのはなかなか面白いですよね。こういう心理現象ってなんて言うんでしょうね。「錯視」とか「ゲシュタルト崩壊」のように、何か名前がついているんでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると幸いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿