2018年6月18日月曜日

AIがもたらす学歴社会の崩壊

人工知能革命によって「学歴社会」は崩壊する

 今回は、この山ちゃんウェブログではよく取り上げている人工知能(AI)ネタ。元記事はForbes JAPANの記事で、田坂広志氏によるものです。田坂氏の書かれていることはこれまで自分の書いて来たことにも近く、人工知能(AI)の発展によって大きく社会の価値観が変わってしまうだろうというものです。

 2018年6月の今現在は、まだ「知識修得力」と「論理思考力」に優れるという意味での「頭の良さ」に高い価値が認められていると思います。例えば、東大ブランド。最近テレビをつけると、現役東大生という若者がクイズを出したり答えたりしている番組をよく見かけます。視聴者は彼らの頭の良さに「さすが東大」と感嘆したり、「よくそんなこと知っているなあ」と驚いたりします。

 そしてここで我々が認識している彼らの頭の良さは、先に述べた「知識」と「思考力」なんだと思います。そして現時点ではまだ、多くの知識と優れた思考力を持つ人は、それらを持ち合わせない人より高く評価されていると思います。評価と言っているのは、就職のしやすさや先の東大生がメディアでチヤホヤされることなど定性的なものも、企業から示される給与額のような定量的なものもあるでしょう。そして、「知識」と「思考力」を持ち合わせていますよという証明書が、いわゆる「学歴」というヤツです。つまり、東大卒とか早慶卒のようなピカピカの学歴は、「知識」と「思考力」に優れていますよと言っているに近いわけです。

 しかし田坂氏が言われているように、「知識修得力」と「論理思考力」は実はAIのもっとも得意な分野です。これらの力に優れていることで評価されて来た人材は、どんどんAIに置き換えられていくでしょう。特にAIの格好の餌食になるだろうと言われているのが、いわゆる「士(サムライ)職業」で、具体的には税理士、会計士、弁護士、司法書士といった職種です。自分はこれらの職業にさらに、医者、裁判官といった職業も加えたいと思います。つまり言いたいことは、従来「頭の良さ」を武器に高い報酬を得ていた職業ほどAIの餌食になりやすいということです。それに対して、プロ野球選手、芸能人、ホスト、ホステスのような、「頭の良さ以外」の部分で高い報酬を得ていた人は安泰というわけです。

 知的職業の危機は、現在の学歴社会の崩壊を意味します。先に述べたように、学歴があるというのは「知識」と「思考力」に優れるという意味ですので、AIの普及でこれらの能力に対する需要が劇的に下がるとすれば、現在の意味で言うところの「学歴がある」ことの評価は下がります。

 では、「知識修得力」と「論理思考力」に代わって重要度が上がる能力とはどんなものなのでしょうか。田坂氏は次の3つの能力だと説明されています。

(1)職業的能力
 いわゆる教科書的な知識ではなく、経験を通じて掴むようなノウハウ。スキルやテクニックも重要ですが、マインドやパッションのような心の能力もより重要です。

(2)対人的能力
 コミュニケーション能力ということですが、言語的なものよりもむしろ眼差しや表情、仕草や姿勢、空気感など非言語的なものでメッセージを出したり受け取ったりする能力。

(3)組織的能力
 コーチングということですが、単にスキルを伸ばすというだけでなく、メンバーの人間的成長を支え創造力を引き出すような「心のマネジメント」や「支援型リーダーシップ」の力。

 従来重要視されていた「知識」と「論理的思考力」がデジタル的な能力と表現できるのに対して、田坂氏がAI革命によって重要になると言われる能力は、総じてアナログ的な能力ではないかと思うのです。ナレッジやロジックのような冷たさよりも、パッションやハートのような暖かさ。

 しかし、ちょっと思い出してください。例えば昭和初期から大正・明治のような時代、人々の価値観はアナログ的なものじゃなかったでしょうか。数字で冷徹にビジネスをする時代ではなく、義理と人情で商売をしていた時代。知識と論理性ではなく、感情と情熱が重視されていたんじゃないかと思います。つまりとても不思議なことですが、最先端のAIがもたらす世界は、懐かしい価値への原点回帰なのかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿